読売日本交響楽団&シンフォニー合唱団!

ジャン!!今日は良い天気〜、クサヤの干物が良い感じに乾く日和ですわ♪クサヤ関係者の皆さん、頑張って下さいですっv(.....あなた、クサヤ好きなんですか?)うん、好きな方ですわv匂いはアレだけど、味は美味ですもの!ビン底眼鏡が美少女だった☆みたいな感じに好きv(......ど、どんな感じなんだろう....)


さてにゃ。僕は1/15(土)に、クラシックコンサート
『読売日本交響楽団トップメンバー&シンフォニー合唱団 2005年ニューイヤーコンサート』
に行ってきましたにょv
(......なんか、昨日に引き続き昔の曜日ですね).....気にしないでにゃ!色々書いていってたら遅くなったにゃ!おくれてごめーんにゃ!(..........はい)

プログラムは三部構成でした。
第一部は、読売日本交響楽団トップメンバーさん達だけでの演奏でした。
●アイネ・クライネ・ナハトムジーク(W.A.モーツァルト)
●O.レスピーギ : リュートの為の古い舞曲とアリア
指揮者なし、管楽器なし、弦楽器少数編成の演奏なのですが、凄く澄んだ音が広がって、指揮者さんが居ないのにピタッと音があっていてある種の完成形態だと感じさせる美しい音色でしたー。凄ーーって思いましたよ!
アイネ・クライネ・ナハトムジークが聞けて嬉しかったにゃーん☆

第二部は、シンフォニー合唱団(というか、そういう合唱団があるのではないみたいで、地元の合唱をなさっているお子様達連合って感じでしたにゃv)が加わりました。
●南国のばら・春の声(J.シュトラウスII)
春の声は、前に行った『華麗なる饗宴』でもソロソプラノさんが歌ってらしたけど、お子達の歌声で聞くのも良かったッス。

第三部は、大人の合唱団の方とソリストの方数名で歌中心の演奏でしたにゃv
●花の街(團 伊玖磨)
●早春賦(中田 喜直)
●花(滝 廉太郎)
●喜歌劇「メリー・ウィドウ」より 唇は黙して(F.レハール)
●喜歌劇「こうもり」より 序曲・失礼な冗談ね(J.シュトラウスII)
●我が夢の街ウィーン(R.ジーツィンスキー)
●美しき青きドナウ(J.シュトラウスII)
●ラデッキー行進曲(J.シュトラウス)
ラスト二曲、バレエ教室の子達が舞台の前で踊ってて可愛かったーv最前列だったから、ちょっと首痛かったけどにゃ.......。(ハハハ、それはそうですね)うん.....。それにトゥシューズって案外床にあたると音がドッドドって感じにするのねって知ったよ。

小曲の集まりは、楽しいですわにーv
コンサート自体は、アットホームな発表会みたいな雰囲気でほのぼのでしたね♪(そうですか。まぁ、色々あったみたいで良かったですね)はいにゃv
[PR]
by yoseatumejin | 2005-01-19 13:16 | クラシック


<< 過日(09) 過日(08) >>