3日で忘れる程度だけどね。by 母。

こーんーにーちーは!勝ってうれしい花いちもんめ♪負けーてくやしい花いちもんめ♪
あの子が欲しいv(......あの子じゃわからん)この子が欲しいv(.......この子じゃわからん)相談しようvそうしよう♪ごにょごにょごにょ(.....誰と話しているつもりなんでしょうかね、あの人....ってゆうか、こんな遊びに付きあわせないで欲しいんですけどね....)
「きーまった!」(そうですか。で、誰が欲しいんですか?)
「うんん!欲しい子は居ないよvでも、カッコ書きはいーらない♪」っと!(......ふーん。そうですか、ふーん)........う、何故に近付いてくるのにゃ.....カッコ書き...(....何故!?....何故なんて理由、いりませんよ....)!!う、わーーん!.....なんか怖いよぉ....ご、ごめんなしゃいぃ....カッコ書きぃ....ぴー!!(.....フフフフフ。謝って頂ければ良いんですよv謝って頂ければね)

(さて.....まぁ、からかうのはこれくらいにしてv今日はエキサイトさんの『ブログにしか書けない「恥ずかしい話」』にトラックバックするんですよね)うん!そう!でもさ、『ブログにしか書けない』いうてもさ、オイラはリアル友達の皆さんにこのブログを教えてしまっているのだから、ここに書いた時点で『ブログにしか書けない』って枠から大きくはみだし刑事。みたいな?(刑事さんは、関係ないですよ!....)

にゃははvでもまぁ、日々どじって生きてるJNじり子だからなぁ。今更「恥ずかしい話」もへったくれだよねぇ。ボタンを飛ばしたネタ書いてる時点で生き恥だっつーの!みたいなね?(.......まったくもってその通りなので痛いですよ....泣)
にゃははははvまぁ、落ち込むなってカッコ書きv(....誰のせいだって思ってるんですか。もう....)

b0064495_16322181.jpgまぁ先週だか?なんだか?位の話なんだけど、母と二人でおでかけしたのですよ!(はい)
それで、リバウォークに行ったのですよ。その時、リバの扉が閉まってて自動じゃなかったから自分で開けねばならなかったのです。
オイラは、歩いて扉に近づきつつ、『どっちがオープンの方だろう?』と真剣に扉を見つめました。そして、『よし!!こっちがオープンの方だ!!』と自身満々に扉を押しました。が!!
何故か扉が開かない。何故!?と思っているオイラの横で母が呆れた顔で言いました。
「そっちじゃなくて、こっちよ」と。
そして、扉をくぐった後、一人クスクス笑いつつ以下のような感じやりとりが.....

「だからじり子と出かけるの面白いのよね。時々変な事やらかしてくれるから。扉の所で煙草すってたお姉さん、じり子がいきなり『開かない方』を押すからすっごいびっくりした顔してたわよ。えぇ!?って顔して見てたわよ。ハハハハハ。あぁー可笑しい。お母さんもびっくりよ。いきなりガン!だもんね。開かないって、開くわけないじゃん。扉の位置、見てなかったの?」

「いや....見て、絶対こっちだって思ったんだよ!こちとら自信満々だったんだにゃ!」

「そうなの?ハハハ。本当、じり子のドジってさ3日で忘れる程度だけど笑えるよねー。可笑しいーv」

......みたいな。でも、もう3日以上たったので、母忘れてくれてるよね。忘れてくれてるんだね!ね?そうだよね、カッコ書き!(.....はぁ。まぁ、そうかもしれませんけど....ここに書いちゃった時点で、母さん以外の方が忘れないんでしょうけれどね.....)う....それは確かに!確かにそうでしゅ!どうしよう....!!(....どうしようっていうか、どうしようもないですよ)
....えぇっ。でも....じゃあ、皆さんも、3日たったら忘れるために今日のブログは一度読むっきりにしたらどうだろう!?ね、そうして!!ね!?(また無理な相談をするv無理ですvね、皆さん♪)はにゅ.....やっぱりこの花いちもんめ.....オイラが負けたのかにゅ.....。くやしいの方かにゅ.....。泣。
[PR]
by yoseatumejin | 2005-02-25 16:29 | exciteさんのトラバ、他


<< 過日(26) 「マイヤヒー」ワールドに行って... >>