やつの名は、G。

こんにちは、JNじり子です。
昨日、私がお風呂からあがった頃。掃除機をかけていた母が、
「きゃああああ!」
と悲鳴をあげました。
「どうしたの!?」
「ゴ、ゴキブリーっ!!」
「いやーーーーー!」

ダメです。私は、母の助けになんか、なりゃしませんでした。でも、一応フマキラーを探して母に手渡す事だけはしました。でも、ゴキブリはヨワヨワな我らをあざ笑うように何処かに消えました。泣!くそ!どこへ行った!!泣。

b0064495_1525327.jpgそれから、
「ゴキブリ....怖いねぇ」
「そうねぇ」
なんて会話をしていて、ふっと漫画「ハチミツとクローバー」では、やつの名は「G」であった事を思い出した私は、
「G。どこ行ったんだろうね」と言ってみました。
(だって、すごく言ってみたくなったんですよ!!)

「.......G?Gって、なに?......もしかして、ゴキブリの事?」
「うん」
「わけわかんないから、Gとか言わないでよ。ゴキブリでいいじゃん」
「....うん」

ちょっと、ハチクロ世界の気分を味わって恐怖したかっただけなんですが。残念、受け入れられずに終了してしまった。泣。

教訓。
現実世界でやつの名を「G」と呼ぶと、「ゴキブリとよべ」とたしなめれます。

おわり(どうでもいい話ですね.....)
[PR]
by yoseatumejin | 2005-07-26 15:26 | よせ日常。


<< 父のケロタン。 暑いですね。かき氷。 >>